Tokyo Trial (2016) / 東京裁判

最近、海外の一部の国家が好戦的になってきているような風潮を報道から感じてしまうのは私だけでしょうか?また最近、日本では「核を持つべきか、持たないべきか」という、戦後から近年まで口にするのもはばかられるようなテーマがニュースで取り上げられるようになってきており、危機感を覚えることがあります。私が考える不安要素というのは、「核を持つ、持たない」という事よりも、戦争を経験したことのない70歳までくらいの人々が、防衛のために安直に決断を下してしまい、それがのちのちに大きな犠牲を生んでしまう可能性を孕んでしまうのではないか、という点です。

8月上旬、日本ではこの時期、戦争の報道が多くなされます。世界のバランス・オブ・パワーが変化する兆候を見せている今、戦争を振り返り、その歴史をインプットした上で自分の考えを醸成していきたいと考えました。具体的には、戦時中の国民の考えや思想、なぜ日本は軍事国家へと突き進んでいったのか、戦前から戦後にかけての意識の変化、etc…を考察してみることにしました。その入口として、日本とカナダ・オランダが共同で制作した「Tokyo Trial (2016) / 東京裁判」を観ました。

舞台とあらすじ

このドキュメンタリードラマの舞台は、東京の現・市ヶ谷記念館でおこなわれた極東軍事裁判(Tokyo Trial, that is, International Military Tribunal for the Far East)です。第二次世界大戦直後、戦勝国11カ国から代表として送り出された判事たちが、日本の戦争指導者を裁く過程を描いています。このドラマを観ていくうちに、物語が単なる戦争を裁く話ではないことに気付くでしょう。判事の中には出身国の最高裁の判事を務める者も少なくなく、当然のことながら国の元首の使者というわけではなく、法律を司る者として職務を遂行しなければなりません。しかしながら、憎き敵であった日本の指導者を裁くため、感情的になる一面も見受けられます。また、半年で終わる予定だったこの軍事裁判が、1年経過しても終わることはなく、中には体力に限界を感じ始め、長期化を避けたいと考える判事も出てきます。

私は、この裁判の一番の焦点は、”戦争を「事後法」で裁けるかどうか”であると考えました。それまで戦争というのは犯罪ではなかったが、第二次世界大戦の日本軍による惨状を目の当たりにした判事たちの中で、正義のため、また第三次世界大戦が起こることがないよう、ニュルンベルク裁判と同様、「事後法」で解決しよう、という案が浮上します。しかし、その案に反対するのがインドからやってきたパル判事(イルファン・カーン)。確かに、事後法は例外的な措置であるため、一定のルールのもとで行っていた戦争の後に、敗戦国への罰則とも言えかねない事後法を適用することに対し抵抗を感じる判事がいてもおかしくはありません。

独立運動の最中であったインドから来日したパル判事。

最初の段階で、殆どの判事は、戦時中には規定されていなかった「侵略の罪(平和に対する罪)」を焦点にするべきだと考えます。しかし、それをはねのけるパル判事。オランダからやってきたレーリンク判事(マルセル・ヘンセマ)は、当初大多数側の立場でしたが、パル判事と交流する過程で徐々に自身の考えを見直すようになっていきます。そのような状況に業を煮やしたイギリス・ニュージーランド・カナダからの判事は、「遅々として進まない裁判はオーストラリアからのウェッブ裁判長に問題があるからだ」とし、裁判長を一時帰国させるよう裏で工作します。

実際の裁判の様子。真ん中がウェッブ裁判長。

戻ってこないかと思われたウェッブ裁判長ですが、彼は再び来日します。分断された判事たちの間で、どういった決断が下されるのでしょうか。

オランダと判事としての立場の間で揺れるレーリンク判事(左)。

感想

このドラマのストーリー以外の部分に関し、カメラワーク等の「魅せる技術」が評価できると思います。そして実際の裁判の映像が多用されているため、史実を伝える教科書として非常に素晴らしい。裁判だけではなく、当時の東京の町並みの映像もあり、戦後日本が急速に復興を遂げたということを実感することでしょう。また、幾つかの映像には着色が施されているためか、国会中継のように、東京裁判が最近の出来事のように思えます。日本人が社会の教科書で一度は観たことのある東京裁判の様子が映像で鑑賞でき、貴重な文献を見たときのような感動を覚えました。

第二次世界大戦の歴史に、その残虐性の高さから目を背けたくなる人々も多いと思いますが(私もその1人)、このドラマでは、<判事たちは感情に左右されることなく裁くことが出来るのか>という点、また、<戦勝国の関係性(例えばインドとイギリス)>にもスポットが当てられるため、かつてNHKが制作したトラウマになりそうなドキュメンタリー「映像の世紀」程ストレスを感じることなく観ることが出来ると思います。とは言え、「映像の世紀」も本当に素晴らしいドキュメンタリーですので、一度は観ることをおすすめします。こういった、他の放送局ではなかなか観ることのできない物語を、NHKにはクオリティに妥協することなく今後も作り続けてほしいと思います。

これから私たちが考えなければならないこととは

人間はひとたび戦争を起こしてしまうと、理性を失い「動物」になってしまいます。今一度、平和教育の見直し、そしてメディアに疑いの目を向けられる教育、戦争に目を向ける場を身近に作る、などするべきだと考えます。自分個人としては、近々戦争に関連した場所に行こうと考えています。このブログでどうやってかレポート出来たら良いなと思っています。

先日、ある神父さまが(私はクリスチャンではないのですが話を聞く機会がありました)、「最近、日本人は、職場の外で人と対話する機会が少なくなっている」というお話をされていました。確かに、多くの人々は、教育機関から離れると、一つのテーブルを囲み、じっくり人と議論する機会が激減します。これでは社会的なトピックを深く突き詰め、思考する力が衰える可能性があります。今、日本はメディアと政治家が国民を扇動しやすい状態になっているのではないでしょうか。要注意です。

戦争を経験したことのない私たちは、どうやって平和を維持していけるのか。二度と過ちを繰り返さないよう、戦争、防衛に関する新たな取り決めに対して、後悔しない選択をする必要があります。そのためには、個人の考えを持つ重要性を現政府およびメディアは伝えるべきですし、何より私たち一人ひとりが意識していかなればなりません。

<参照・引用>

NHKスペシャル ドラマ 東京裁判
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161212

State Library Victoria
https://www.slv.vic.gov.au/

Zwartboek (2006) / Black Book / ブラックブック

Black Book第二次世界大戦、占領下のオランダを描く

「美しいチューリップと水車のある、のどかな風景の広がるオランダ」―という、日本人の多くが頭に思い描くオランダのイメージとは異なり、この映画はなかなかに迫力のある、暗いスパイ映画です。監督は、『ロボコップ』を製作したポール・バーホーベン(Paul Verhoeven)。オランダに帰ったのち、サイエンス・フィクション映画ではなく、オランダの歴史映画を作ったという監督から祖国オランダへの愛を感じました。ナチス・ドイツの残酷さ・卑劣さ、そして憎しみは更なる憎しみを生む、ということをまざまざと見せつけられます。綺麗事一切なし、血も涙もない本当の「戦争」が表現されています。

ナチス・ドイツの犠牲になったのは

多くのユダヤ人がナチス・ドイツの犠牲になった、というのは歴史の授業等を通し皆学んだことでしょう。しかし、その占領下に置かれた国々もかなり苦しい時を過ごした、ということはあまりスポットが当てられず知らない人も多いかと思います。オランダは、ドイツの占領下に置かれた国のひとつで、この映画では占領されていたオランダの様子と、また侵略への彼らの対抗心が描かれています。主人公のカリス・ファン・ハウテン(Carice van Houten)演じるエリスは、オランダに住むユダヤ人。ドイツ軍のいない土地へ家族とともに逃げようとする途中で、ドイツ軍に見つかり、エリス以外は皆殺しにされてしまいます。しかも、亡くなった犠牲者から金品を奪い取る非道行為を目の当たりにする彼女。ここから彼女のレジスタンス活動が始まります。オランダ人と手を組み、ドイツ人を欺きながら軍の中心に潜入します。

「女性」という新しい目線で

ナチス・ドイツの占領下に置かれた状況や、反ナチス・ドイツ映画として、「カサブランカ(Casablanca, 1942)」や「ナチスが最も恐れた男(Max Manus, 2008)」が挙げられますが、このブラックブックは女性が主人公という点で新しく、女性がその美しさやしたたかさ、賢さを武器に、戦場という男性社会の中心に切り込んでいく様子を描きます。時には仲間とも衝突しながら交渉する逞しい彼女。彼女のように美しくありながらしたたかに生きたいものです。

10年前のマティアス・スーナールツ

嬉しい発見が。若かりし頃のマティアス・スーナールツ(Matthias Schoenaerts)。以前書いたブログ『De rouille et d’os / 君と歩く世界 』で、「ベルギー出身ということなので、もしかするとドイツ語なんかも話せたりしてね・・・。」と推測していたのですが、やはり話せたようです。3カ国語を駆使する彼。さすがです。


海外映画 ブログランキングへ