The Lunchbox (2013) / めぐり逢わせのお弁当

あらすじ

イラ(Nimrat Kaur)は主人のために、毎日愛情たっぷりのお弁当を作り、「ダッバーワーラー」と呼ばれる弁当配達人に託している。ある日、そのお弁当が間違って退職間近のサージャン(Irrfan Khan)のデスクに届いてしまった。

感想

主人公のインファン・カーンは、非常に深みのある演技をする役者さんだと思います。『スラムドッグ$ミリオネア』では、主人公を拷問にかける警察役を演じました。この映画では、その役とは打って変わって、枯れかけた中年役を演じています。作品によって、色々な顔を持っていそう。他の作品も観てみたいです。

また、もうひとりの主人公、ニムラト・カウルは、演技はさることながら、優しく語りかけるような声が魅力です。インドの女優さんの声といえば、『マダム・イン・ニューヨーク』の主人公、シュリデヴィや、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピントの声も素敵。インドではキャスティングの際、演技力だけではなく、声を重視しているのかも。

主人公の後輩(Nawazuddin Siddiqui)も良い味出してます。暗い過去を持っているんだけど、根が明るくて、悲しいシーンもクスッと笑えるようなキャラクター。こういう演技がサラッと出来るのは素晴らしいですね。

また、今まで数々の日本語タイトルのセンスのなさに筆者は悲しんできたわけですが、このタイトルは良いと思います。「『お弁当』が誰と誰を『めぐり逢わせる』の?」、「そもそも外国のお弁当ってどんな感じだろう」と、心惹かれました。

テレビによって、日本人の殆どがインドに対してちょっとネガティブなステレオタイプを持ちがちだと思います(NY出身のインド系アメリカ人、コメディアンで俳優のアジズ・アンザリも時々自嘲気味にこのエピソードを引用する。グローバルにインド人に対する共通認識・固定観念があるのかもしれない)。この映画は、その認識を覆し、我々とインド人との距離を縮めてくれるような作品だと言えるでしょう。

オフィシャルサイト(英語)
http://sonyclassics.com/thelunchbox/home/

オフィシャルサイト(日本語)
http://lunchbox-movie.jp/

 

English Vinglish (2012) / マダム・イン・ニューヨーク

English Vinglish (2012) (Hindi Movie / Bollywood Film / Indian Cinema DVD) by Sridevi

邦題は「マダム・イン・ニューヨーク」、原題は「English Vinglish」。(Vinglishに特に意味はないのだそう。)どちらも覚えやすいタイトルですね。

あらすじ

インドで家族と暮らす主婦・シャシは、ある日ニューヨークで暮らす姪っ子の結婚式の準備・出席のために一ヶ月ニューヨークへ滞在することに。夫は仕事が、そして子どもたちも学校があるため、シャシは先に一人でニューヨークに飛ぶことになります。家族とは後日現地で合流することになっていても、知らない国に一人で行くことが怖くてたまらない彼女。しかし、覚悟を決め、最低限の英語を家族から教わり、単身ニューヨークへ。知らない土地では緊張の連続。思い切って入った現地のカフェでは、全く英語が理解出来ず、無礼な店員からオーダーが遅いなどと非難されてしまいます。また家族に自分の英語を馬鹿にされた辛い過去を振り返り、自分の英語力のなさから一人の人間としての自信まで失いかけてしまいます。しかし、たまたま通りがかったバスに貼られた語学学校の広告を発見し、式の準備と同時並行で現地の語学学校に一ヶ月間通うことに。各国から来る生徒と、英語の先生と交流していくうちに、段々と自分への自信を取り戻します。

↓予告版。

学生、そしてニューヨーク

インドで毎日家族に尽くす彼女が、ニューヨークという新しい土地・環境で奮闘する様子が描かれます。「主婦」、「学生」という2つの立場、そして「インド」、「NY」という2国を対照的に描くこの映画。「学生」、「NY」という新しいスパイスを人生に加える彼女から、ときに新しいことに挑戦する必要性やその面白さを教えてもらえる内容となっています。

インドの英語教育

この映画では、インドの英語(教育)事情も垣間見ることが出来ます。イギリスに1947年まで植民地支配されていたインド。その影響もあってか英語教育が盛んな様子が伺えます。登場人物の中には母語であるヒンドゥー語が苦手だ、と言っている先生役もいて、インドでは英語しか話さない地域がある、または英語しか話さない人がいる、ということを匂わせていました。これは検証すべき点ですね。インド人の友人を作るしかない。少し前に観た日本のTV情報ですが、インドではすべての講義を英語で行う大学が多いそう。この映画で好演している憎ったらしい小学生(中学生?)のシャシの娘は英語がペラペラ。大学に行く前から既にかなり高いレベルの英語を身に付けることのできる土台があることが分かります。(カースト制もあり、全ての子どもがこういった教育を受けられるわけではないとは思いますが。)

主人公・シュリデヴィ(Sridevi)

主人公シャシを演じるシュリデヴィ(Sridevi)、大変美しい女性です。50代ということなのですが本当でしょうか。私にとっては30代にしか見えません。まさに「美魔女」という言葉にふさわしい女優です。たまに見せる少女のような表情がとっても魅力的で、フランス人が恋に落ちるのも納得です。そのフランス人を演じるのは、フランス人俳優、メディ・ネブー(Mehdi Nebbou)。国境を超える2人の友情と、彼の恋心に新しいときめきを感じること間違いありません。

時に孤独になりながら、学校の友人たち、姪っ子との交流を通し、一人の女性・人間としてますます魅力的になっていく彼女を描くこの映画を是非観てみてください。