It’s Only the End of the World (2016) / たかが世界の終わり

お久しぶりです、Yukimaruです。暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、引っ越しなどで長らくブログを更新できずにいました。最近少しずつ落ち着いてきたので、筆を執る頻度を増やしていければ良いなと思っています。


本日ご紹介するのは、フランスとカナダの共同制作による『たかが世界の終わり』。

あらすじ

主人公のルイ(ギャスパー・ウリエル)は、限られた余命を伝えに、12年ぶりに帰郷した。母(ナタリー・バイ)と妹(レア・セドゥ)は兄の帰りを心待ちにしていたが、兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)はルイとの間に見えない、厚い壁を作っていた。

家族のかたち

この映画では、言葉で表すことの難しい、家族の雰囲気やバランスが巧みに描かれています。内容的には全然違うのですが、「男はつらいよ」で伝わってくるような、人情の機微が生き生きと表現されています。

この映画で中心となるのが、兄のアントワーヌの存在。彼は子どもっぽくて、ひねくれ者で、妻(マリオン・コティヤール)が哀れなほどなのですが、映画を観終わって、日に日にその人間らしさにハッとさせられています。

「家族」はその構成員が増えたり減ったりしながら、かたちを変えていくものだと思います。人々は、その変化にある種の「おそれ」を感じるものだと考えています。しかし、規模やかたちが変わっても、決して変わらないものはあるんだよ、と視聴者にエールを送っている映画にも受け取れました。

この映画のシーンは殆どモントリオールで撮影されたようですが、フランスで撮影したのだとばかり思っていました。モントリオールには市街地近辺にしか行ったことがなく、結構栄えているイメージだったのですが、こんな田園地帯もあるのだなと思ったことでした。というか、カナダは広大だから、こういった地域の方が多いのかもしれません。

(Pictures : IMDb)


それでは皆様、良い週末をお過ごしください!