Bella Martha (2001) / Mostly Martha / マーサの幸せレシピ

あらすじ

主人公のマーサ(マルティナ・ゲデック)はドイツ・ハンブルクにある高級レストラン・リドのシェフを務めている。彼女の作る料理を求め、足繁く通う客を持つ程シェフとしての腕は良いが、自分の料理を批判する客を前にするとカッとなり、無礼な態度を取ってしまうことから、精神科のセラピーに通うようオーナーに言われている。

職場の副料理長、レアが出産を控えているため、新たなシェフが雇われた。彼の名前はマリオ(セルジョ・カステリット)。イタリア出身の明るい彼は、マーサの支配的とも言えるピリピリとした職場の雰囲気をガラリと変えてしまう。自分の地位がマリオに脅かされていると感じたマーサは彼に敵対心を抱く。

ある日、シングルマザーの姉とその娘リナがマーサを訪れることに。その道中、姉が交通事故で命を落とす。リナはイタリア人の父親のもとへ行くことを希望したが、彼女が知っているのは、父親の「ジョゼッペ」という名前だけ。マーサは一時的に彼女を引き取ることになるが、母親の死のショックからかマーサの手料理を拒否する。食事をしないリナは、栄養失調となりとうとう学校で倒れてしまう。他に見てもらう人もいないため、早退した彼女を職場に連れて行くことに。楽しげに料理を作るマリオに心を許すリナの様子を見たマーサは、段々と彼に対する見方を変えていく。

感想

主人公のマーサの病的とも言えるような職人気質ぶりは、まさにドイツの職人たちを彷彿とさせます。そんな彼女が、まるで性格の違うマリオに恋をする様子は、見ていてとても幸せな気持ちになります。

ドイツの薄暗い、雲がたれこめている様子と、突然母を失ったリナの境遇が重なり、映画の前半部分は重苦しく感じました。しかし、マリオの登場により映画の雰囲気が明るくなります。その境目となるのが、リナがマリオの作ったパスタを美味しそうに頬張るシーン。『リナが食べている!』というマーサの驚きの顔が忘れられません。

アメリカのサンフランシスコで映画作りの基礎を学んだという監督のザンドラ・ネッテルベック。確かに、北米の影響があるのかな、と観ていて感じました。しかし、他の国々と陸続きであるという地理を活かしたストーリーづくり、また、ヨーロッパの天候を効果的に物語にマッチさせている点は、ドイツ出身の彼女だからこそ出来たことでしょうし、素晴らしい才能だと感じました。


<参照>
イタリアとドイツの幸せな結婚?ー『マーサの幸せレシピ』をめぐってー 木本伸http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/35261/20141016204658742443/DoitsuBungakuRonshu_46_54.pdf

立命館大学の木本教授がこの映画に関して論文を書いていたので、地名などを参考にさせて頂きました。ドイツ映画の特徴やキリスト教の視点からの考察があり、興味深く読ませて頂きました。