Today’s Special (2009) / 本日のおすすめ

はい、こんにちは。早くも5月に突入です。
前回に引き続き、料理に関する映画をご紹介します。

あらすじ

サミールはマンハッタンのフレンチレストランでスーシェフ(副料理長)として働き、調理責任者である「シェフ」を目指す日々。しかし、自分より経験値の低い後輩に昇進を阻まれレストランを去る。実家に戻ると、両親に結婚や就職について問いただされる日々。そんな中、父親が突然倒れたために彼が経営していたインドレストランを当面の間サミールが見ることに。レストランの経営状況を確認すると最悪の常態。提供する料理に問題があることは明らかだ。しかし、インド料理を作ったことのないサミールには為す術もない。ある日、インド人シェフと激しく対立してしまい、作り手を失ったサミールは、藁にもすがる思いで、かつてインドで高級ホテルのシェフをしていたというタクシードライバーにコンタクトを取る。

感想

この映画でなんといっても面白いのが、アメリカへの移民一世と二世との価値観のギャップを料理を通して埋めていくところ。突然のアクシデントや色々な人との出会いを通し、新しい人生と幸せの端緒を掴んでいく主人公の様子を描かれています。

また、この映画では、多くのインド系俳優が活躍。意外に日本では知られていないかもしれないのですが、北米ではインド系コメディアンや俳優が人気を博しています。

この映画で私が注目した俳優さんは、クマール・パラーナとナシーラディン・シャー。

以前ご紹介したトム・ハンクス主演の『ターミナル』をご覧になったことがある人は、クマール・パラーナを見て、「あ、『ターミナル』のおじちゃんだ!w」とすぐに気づくはず。言葉は少ないのに、存在が濃いんですよね。この映画でもお得意の皿回しシーンがあるのには笑ってしまいます。

ナシーラディン・シャー演じるアクバルはかつてインドで料理人として働いていたが、現在はマンハッタンのタクシードライバーをしているという一風変わった役。アメリカ映画の中で、ステレオタイプなこてこてのインド人を演じてないのは結構珍しいと思います。それと、彼は声がステキです(声フェチw)。

また、アメリカの大人気ドラマ『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』のプリヤ役、アーティ・マンも登場。おなじみのインド訛りがあまりない役なので、彼女に気づかない人も多いかも!?

現在、この映画に使用されたインドレストランは、ネパール料理レストランになっているということ。ニューヨークを訪れた際に是非とも行ってみたいです♪

それでは皆様、楽しいGWを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA