Any Day Now (2012) / チョコレートドーナツ

Any Day Now [DVD] [Import]

今回紹介するAny Day Now(2012)。ハッピーエンドとは言えない映画なのですが、最近思うのは、映画でも物語でも人生でも、結末はハッピーじゃなくていいのではないかということ。悲劇の美しさってあると思うので。邦題は、登場人物のひとり・マルコが大好物な『チョコレートドーナツ』です。アンチ邦題の私ですが、このタイトルについては受け入れることが出来ました。マルコの天使のような可愛さと、「食べたらすぐなくなる」というドーナツの「儚さ」が、このタイトルにマッチしていると思うのです。

主人公のアラン・カミング(Alan Cumming)演じるルディはショーパブで踊り子として働いています。彼のパフォーマンスを観ていた弁護士のポールと互いに恋に落ちます。ある日、ルディはアパートの隣に住む住人である女性の部屋から、知的障がいを持つ子どもを発見します。その子どもの名前はマルコ。彼は、母から育児放棄をされひとりぼっちで人形を抱きしめていました。ルディはそんなマルコを守ろうとし、ポールも次第にルディに協力し始めます。ギャレット・ギラハント(Garret Dillahunt)が演じるポールは、ルディへの愛に溢れていて、プロの歌手になりたいというルディの背中を優しく押してあげる超・性格イケメン。自分の夢を必死で追い、金はなくとも自分の意志を貫き、キラキラと精一杯生きるルディに惹かれるという点も素敵です。

舞台は、「同性愛」が差別の対象となる1970年代のカリフォルニア。最近はLGBTのムーブメントも活発になってきて、多くの人が同性愛に対し理解を示すようになっていますが、当時はそれを知られるだけで仕事を失う恐れもあります。しかし、ルディとポールはマルコの養育権を得るために家庭裁判所でお互いの関係を誤魔化しながら、果敢に闘います。「3人で生きる」という幸せを勝ち取るために・・・。

マルコの天使の笑顔を守りたいというルディ、そして、そのルディの笑顔を守り、彼の夢を応援するポールの「家族愛」とも言える温かさに心打たれます。当時、同性愛はマイノリティであったはずですが、だからこそ2人はお互いが経験した苦しさを知っていて、一緒にいることによってより愛情が深くなっていったのではないでしょうか。

夢を追うルディは、ポールにプレゼントしてもらった録音機を使い、たくさんのオーディション会社に自分のテープを送ります。哀愁のあるルディの歌声も、この映画の魅力のひとつです。

De rouille et d’os (2012) / 君と歩く世界

君と歩く世界 [DVD]この映画を観ずにして、マティアス・スーナールツ(Matthias Schoenaerts)のファンと言うべきではありませんでした。紳士な役が多い彼が、まさか、こんなに血の気が多いファイターや、(色々な意味で)野獣な役がハマるとは。この映画を観て、マティアスは多くの顔を持つ役者なのだと気付かされました。そして、彼はフランス語が流暢。彼の第一言語でしょうか?ベルギー出身ということなので、もしかするとドイツ語なんかも話せたりしてね・・・。彼を見て、俳優にとって、言語は最強の武器だと感じました。これからの俳優は、英語だけではダメですね。

複数の部門で賞を獲得しているこの映画で、最も多くの賞を受賞したフランスの女優、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)の演技も素晴らしかったです。大怪我を負うシーンの前から、彼女から滲み出る”幸の薄さ”に驚き。演技なのか、彼女が本来持っているものなのか思わず某動画サイトで検証してしまいました。以前から、「フランス映画(この映画はベルギーとの共同製作のようなので、「フランス語圏の映画」というべきか)と、英語圏の映画の違いはどこにあるんだろう」と思っていたのですが、言葉は悪いですが、”不幸感・孤独感”なのではないでしょうか。もっともっと、フランス映画(フランス語圏の映画)を観てみたくなりました。そして、彼女もまた英語が出来る!多彩ですなぁ・・・。(↓英語を話す彼女。)

この映画の一番の良さは、ステファニー(マリオン・コティヤール)の、大怪我を負ってからの心理描写がとてもリアルなところだと思います。大きな傷跡に気が狂うほどのショックを受けた彼女。退院してからも家に閉じこもり、外に出られない日々を過ごします。そんな状況を、アリ(マティアス・スーナールツ)が救います。そして、アリの優しさ(時に粗野な振る舞い)と男らしさが、凍りついた彼女の心を少しずつ溶かしていきます。そして、トラウマになったであろう、シャチの調教師時代の手の動きも再現するまでに精神を持ち直します。

一方で、女遊びが絶えなかったり、カメラを盗んだ罪で家族に悪影響を与えたりして、落ち着きのない日常を生きるアリ。状況を変えようと、本格的にボクシングを始めた矢先、どん底に突き落とされる大事件が彼の身に降りかかります。その時、彼がとった行動とは―。

「失いそうになってから、大切なものに気付く」という、よくありがちなテーマではあるのですが、それが恋愛の本質なのかもしれません。心に染みた映画でした。「今、恋人との関係が良く分からなくなっている・・・」「恋人と、今後、一緒にいるべきかどうか・・・」、という方にとって、この映画が何かヒントになるかもしれません。

Pay It Forward (2000) / ペイ・フォワード 可能の王国

 

ペイ・フォワード [DVD]

Netflixのアメリカンドラマで今、大人気のHouse of Card。その主演を務めるケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)が出演しているこの映画。

ケヴィンはHouse of Cardで冷徹な役をしていますが、この映画でもそれに通じる、お硬い社会科の教師、シモネットを演じます。しかし、7年生(中学1年生)の生徒の一人であるトレバーとの出会いをきっかけとし、段々と彼の性格に変化が出てきます。

トレバー役を務めるのは、ハーレイ・ジョエル・オスメント(Haley Joel Osment)。たまにお節介な彼がとっても可愛いです。今ではすっかりお兄さんですね。

アルコール依存症の母に、暴力を振るう父。そんな環境で育ちながらも、世界を変えるため、他人に善意のバトンを繋ごうとするトレバー。また、アルコール依存症を乗り越えようとしても、酒に手を出してしまう母を守ろうとする強さ。優しいトレバーから、複雑な環境に居たからこそ、物事の本質を見抜くことの出来る人物になるべきだということを教えてもらいました。

また、意外でしたがシモネットもトレバーのように複雑なバックグラウンドを持ち、その複雑な過去の思い出を胸に閉じ込めていたのでした。しかし、トレバーと、その母に出会い、初めて自分らしく振る舞うことが出来るようになります。彼のリラックスしている表情を見ると、こちらも幸せになりますね。

しかし、突然トレバーの父親が帰って来るという事になり、つかの間の幸せに影が。トレバー、シモネット、トレバーの母親はそれぞれどういった行動を起こすのでしょうか。そして、結末はどうなるのでしょうか。

Bridge of Spies (2015) / ブリッジ・オブ・スパイ

日本での洋画の上映

先日の、日本の洋画のタイトルがダサいに引き続き、日本の洋画あるあるとして、「洋画の上映がスタートする時期が、製作国に比べてものすごく遅い」ということが言えます。年明けに数本洋画を観ましたが、それらの映画は、海外では去年に上映していたものでした。翻訳や権利関係で、上映する時期が数ヶ月ズレるのでしょうが、外国で話題になる映画は出来るだけ早くチェックしたいので、日本の映画関係者の方には製作国と同時上映になるよう、是非とも頑張って欲しいものです・・・。

トム・ハンクス(Tom Hanks)

安定のトム・ハンクスの演技。安心して観ていられます。「映画何観ようかな」と悩むと、最終的に殆ど彼の作品に手が伸びます。彼の良さは、演技の上手さの他に「声の良さ」と「英語の聞き取りやすさ」があると思います。これは私の所感なのですが、主役級の人たちの英語は大体聞き取りやすい。実際そうなのか、英語が出来て映画が好きな方に教えて貰いたいです。

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

Bridge of Spies (2015) / ブリッジ・オブ・スパイ

最初は何やら重い雰囲気で始まるこの映画。ソ連側のスパイが追われ、捕まるところでトム・ハンクス演じるジム・ドノヴァンが登場。優しくフランクな彼の表情にホッとさせられます。ジム・ドノヴァンは、当時敵であったソ連側のスパイの弁護を任せられ、負けることを半ば強制されるのですが、正義を貫きます。しかし、「敵国のスパイを弁護する」として、ジム・ドノヴァンの家族は危険に晒され、更には社会的立場も危うくなります。

なんといっても、この映画ではジム・ドノヴァンが弁護するルドルフ・アベル役のマーク・ライランス(Mark Rylance)の素朴ながらも信念の強さを感じさせる演技が素晴らしい。彼が昔ロシアで見たという、殴られても殴られても立ち上がる「不屈の男」のエピソードと、それを話す彼にグッときました。どんなに恐ろしい判決が待っていようとも、「不屈の男」のように、彼は彼らしく最後までやり遂げることを決めていました。それを見たジム・ドノヴァンも、敵国のスパイでありながらもルドルフ・アベルに対し尊敬の念を感じたことでしょう。

俳優陣の素晴らしさだけでなく、冷戦のことについても学べる、また学びたいと思わせてくれる良い作品です。ベルリンの壁は突如現れ、人々の日常を一日にして変えてしまった、という悲劇を垣間見ることが出来ました。この壁により、一体どれだけの数の大切な人との別れがあったのかを想像すると胸がえぐられるような気持ちになりました。アメリカ側のスパイが捕まり、拷問を受けたり、ベルリンの壁を越えようとする人々に悲劇が降りかかったり、残忍なシーンもあるのですが、それが戦争のリアルだということを教えてくれます。

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

 

Crazy, Stupid, Love. (2011) / ラブ・アゲイン

洋画あるある

日本での洋画のタイトルが英語版のタイトルと違いすぎて、「なぜ?」「カッコ悪い」と思う洋画ファンも多いはず。しかも、外国の友人と映画の話をするとき、日本語のタイトルしか分からないときは、説明が面倒。個人的に、洋画のタイトルをそのまま日本で使っても良いと思います。

Crazy, Stupid, Love. (2011) / ラブ・アゲイン

Crazy, Stupid, Love

原題は、”Crazy”で”Stupid”な”Love”です。登場人物たちがそれぞれの”Love”に奔走する物語です。その中でも主人公のスティーブ・カレル(Steve Carell)が演じるキャル・ウィーバーは、純粋で、見ていて心が温まるような男性です。ただ、純粋すぎて時々Stupidな事をしてしまうんですね。観ていて、「頑張って!」と応援せずにはいられないでしょう。

この映画を観たきっかけは、女優のエマ・ストーン(Emma Stone)が出演しているから。『アメイジング・スパイダーマン』、『The Help』、『Easy A』で彼女の大ファンになりました。大胆な言動と、シリアスなシーンの演技のギャップが素晴らしいんです。この映画でも彼女の良さが大爆発ですね。この映画の名台詞は、予告編でも出てくる、彼女の“Seriously!? It’s like you’re photo shopped!” でしょう。彼女の素直さ溢れる演技に、いつも元気を貰います。

エマ・ストーンが演じるハンナ・ウィーバーが出会うのは、ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)演じるジェイコブ・パルマー。夜遊び大好きなチャラい男。ここまで遊び人の役が似合う男はいるでしょうか?

主人公のキャルは、10代の頃から妻一筋。夜遊びなんてしたこともない。現状に安住しきって、男らしさを忘れてしまったキャルは、妻に浮気をされます。(この映画では、キャルが悪者扱いされているのですが、妻のため・子どものために頑張っているキャルが若干可哀想・・・。)ずっと、妻は女で居たいわけですね。その後、キャルは少し自暴自棄になりながら、夜の覇者ジェイコブに『イイ(=ワルい)男になる方法』を教えてもらいます。ちょっとくたびれたキャルがどんどん変わっていく様が面白い。更には、チャラいジェイコブが、ハンナに惹かれていく様子も見ものです。

余談ですが、ライアン・ゴズリングはカナダオンタリオ州、ロンドンの出身。カナダに住む人が、「ロンドンはつまらない場所だよ」と言っていたので、カントリーサイド出身の人が、こういった華やかな舞台で頑張っているのを見ると、田舎出身の私はちょっと応援したくなります。(本当にどうでもいい話ですが。)

映画『ラブ・アゲイン』オフィシャルサイト http://wwws.warnerbros.co.jp/crazystupidlove/index.html

 

The Danish Girl (2015) / リリーのすべて

はじめまして。Yukimaruです。

数年前、英語学習に力を入れていたとき、勉強のひとつとして洋画を見始めたことをきっかけに、洋画鑑賞が趣味のひとつになりました。心が震えるような映画や、素敵な俳優・女優を見たときに、共感し合える人ができれば・・・と常々考えていて、このブログを開設してみました。

The Danish Girl (2015) / リリーのすべて

記念すべき一回目は、今私の中で一番HOTな俳優、マティアス・スーナールツ(Matthias Schoenaerts)が出ている『The Danish Girl (2015) / リリーのすべて』。

予告では女性に変身したエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)のインパクトが強くて気がつかなかったのですが、本編では主人公の妻役であるアリシア・ヴィカンダー(Alicia Vikander)や、エディの友人役であるマティアスの存在感も大きかったです。特に、マティアスの独特の雰囲気。あの一昔前の髪型やスーツの似合う、 ミステリアスで少しプレイヤー的な雰囲気も醸し出せる男はなかなかいないと思います。注目しています。

今回おもしろいと思ったのは、「デンマークを舞台に使われる英語はどのようなものなのか?」という点に着目したこと。妻役のアリシアはスウェーデン生ま れ、旧友役のマティアスはベルギー生まれということを考えると、イングリッシュカントリーではない場所が舞台であれば、主演級がユニークなアクセントを 持っていても見ていて違和感はありませんでした。ちなみに基本的には2人ともブリティッシュ寄りのアクセントだと思います。どうやって、あの英語力を身に 付けたのでしょうか・・・。恐るべし。

内容は、絵を生業としているアイナー(エディ)とゲルダ(アリシア)の若い夫婦が幸せに暮らしている中で、アイナーが偶然に女性性に目覚め、世界ではじめ ての性転換手術を行う、という内容です。手術までの2人の葛藤、その葛藤の中でも、アイナーの女性性への強い憧れと諦め、そしてアイナーの内面的な女性性 が、時間の経過とともに隠しきれず、外側に滲み出てくる、というところのエディの演技は圧巻でした。そして、アイナーの気持ちにフォーカスしながらも、ア イナーを男として愛したゲルダの、「二度と男としての夫とは会えなくなる、しかし愛する夫の気持ちを妻として尊重し、支えたい・・・」という心の引き裂か れるような思いも痛いほど伝わりました。

『リリーのすべて』が上映されていた時期に、レズビアンのカップルを描いた映画『CAROL / キャロル』も人気でしたし、欧米での活動が盛んなLGBT(Lesbian, Gay, Bisexual, and Transgender) に理解を示す人々が増加していることが良く分かります。ただ、リリーのすべてを見ている時に、私は手術シーンで貧血になってしまい(汗)、ドアの外に出て 倒れそうになりました。LGBTについて、頭ではその理念を理解しているつもりだったのですが、性転換手術となると、本能的な部分で受け入れていない自分 がいることを知るきっかけになった映画でした。

エディの演技力の高さ、そしてデンマークの風景の美しさ、芸術を商材としているマティアスの気怠さとエロさのある雰囲気は見ものです。

『リリーのすべて』公式サイト http://lili-movie.jp/

以上のような感じで、ぼちぼちとこのブログを続けていければと思っております。お時間のあるときにでも、コーヒー片手に立ち寄って頂ければ幸いです。そして、コメントなんかも一言で良いので何か残して頂けると嬉しいです。